1月10日本日のオススメグラスワイン

シャンパンバープルミエ

011-512-2229

〒064-0805 北海道札幌市中央区南五条西4丁目4-2第20桂和ビル9階

営業時間 19:00~04:00

BLOG

1月10日本日のオススメグラスワイン

DRINK BLOG

2019/01/10 1月10日本日のオススメグラスワイン

jl1192041

本日のオススメグラスワイン

ジョシュ・ジェンセン・セレクション ピノ・ノワール

グラス¥1,300.

是非ご賞味くださいませ!!

「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と称され不動の人気を誇るカレラ。
ジョシュ・ジェンセン氏の名を冠したスペシャル・キュヴェ。
カレラのスタイルを率直に感じることができる見事なバランス。

ロバート・パーカー氏をして「カリフォルニアのロマネ・コンティ」
「地球上で最も称賛できるピノ・ノワールのスペシャリスト」と称され、
その熱狂的人気から一時市場から姿を消したことから
幻のワインとまで呼ばれたカリフォルニア・ピノ・ノワールの先駆者カレラ。

カレラがロマネ・コンティと比喩されるのには理由があります。
オーナーであるジョシュ・ジェンセン氏はブルゴーニュの名門である
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ、ドメーヌ・デュジャックで働いたことがきっかけで
母国アメリカでブルゴーニュのような個性を持ち合わせたワインを造りたいと決起。
2年間アメリカ中を歩き回り、ロマネ・コンティに近い土地を探し続けました。
そして見つけたのが、2,200フィートという高い標高に位置し、
豊富な石灰質の土壌、冷涼な気候という
ピノ・ノワール栽培に理想的な環境を有したマウント・ハーランの地です。
そこにロマネ・コンティから持ち帰ったブドウ樹を植樹し、ワイン造りを開始。
「ロマネ・コンティと同じDNAを持つブドウ樹を用いて、
同様の土壌で、ロマネ・コンティで学んだ知識を活かして、
ロマネ・コンティを目標にワインを造る。」

こうしたことからカレラは「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれているのです。

カレラが創業した1970年当時、カリフォルニアで最高のピノ・ノワールを造るなど、
誰もが不可能だと笑うほど困難なことへの挑戦でした。
そうした中、ジェンセン氏はひたすら可能性を信じ、改良に改良を重ねた結果、
遂にはロマネ・コンティに比肩するとまで言われるワイン造りに成功しました。
その品質を裏付けるように、ニューヨークタイムス紙が企画したブラインド・テイスティングにて
ロマネ・コンティ社の造るリシューブルなど、そうそうたる顔ぶれのワインを見事に打破
さらにはカベルネ・ソーヴィニヨンがもてはやされていた、
1980年〜1989年の間にロバート・パーカー氏が90点以上を付けた
10本のピノ・ノワールのうち7本がカレラのピノ・ノワール
というから驚きです。

こちらはオーナー、ジョシュ・ジェンセン氏の名を冠したスペシャル・キュヴェ
ラベルのロゴは、世界的に活躍する書家の紫舟(ししゅう)氏が手掛けました。
セントラル・コーストの優良な畑から厳選したブドウに、
マウント・ハーランの自社畑のブドウを10%前後ブレンド
高い凝縮感と豊かなボディを備えながら、飲み心地は非常にエレガント。
カレラのエスプリが十分に体感できる1本に仕上がっています。

 

シャンパンバー プルミエ
champagnebar premier

電話番号 011-512-2229
住所 北海道札幌市中央区南5条西4丁目 第20桂和ビル 9F
営業時間 20:00~04:00 夜10時以降入店可、夜12時以降入店可
定休日 日曜日

TOP